灸の副作用

お灸にも挑戦してみたいけど、やっぱりどうしてもおじいちゃんやおばあちゃんがやっているというイメージがつよくてなかなか行こうという気にもなれないし。なんか体に後がのこったりしてもいやですよね。夏に水着になった時に、お灸のあとがあるのも若い時にはちょっとはずかしかったりしますよね。そんなお灸の副作用ですが、やはり跡がのこるということがよくあるようで、これは直接灸が、たんぱく質を編成させる目的でおこなうものだからだそうです。ですのでやはり跡がのこってこまるようなところにはやりにくいということですよね。

そしてお灸をしたあとにすぐお風呂に入ったりしてしまうとお灸のあとが水泡になってしまうようなので30分以上時間をあけてはいるほうがいいようです。また、体がだるくなったりすることもあるようです。これはお灸で体の流れがよくなったことで体温が上がり、だるくなってしまうようです。またお灸のあとが傷口がふさがるときのようにかゆくなったりすることもあったり、お灸をした周囲が赤くなったりすることもあるようです。どんな治療にも副作用はつきものです。後で後悔しないためにも事前にきちんと副作用について聞き、嫌な場合は施術をしないようにしたいですね

鍼の副作用

鍼はやはり体に鍼を刺すだけあって、そのあとに痛みがでないかきになったりしますよね。副作用などがないか気になって調べてみたのでご紹介しましょう。鍼が終わった後に出る症状には事故が原因のものと、副作用のものがあるようです。息がしにくくなったりというのは副作用でなく事故のようですのですぐに病院などで見てもらう必要があるでしょう。

副作用というのはたとえば、鍼をした翌日にちょっと体がだるいなーというようなものです。体がだるくなったりする原因としては、鍼をすることで免疫力があがり体温があがったことでだるいなーと感じるようです。数日でおさまるようであれば特に問題ないようです。長期間続くと鍼がきちんと消毒されていないことによる細菌の感染も考えられるので注意が必要です。

違うところが痛くなったという副作用の人も多いようです。これは一番痛みがひどいところが特に人間は気にしてしまってそこの痛みしか感じなかったりするのです。ですので一番痛いところの痛みがゆるくなってくると、ほかのところの痛みが急にわかるようになってきて、鍼をすると別の場所が痛くなったという現象が起きるようです。気になる人は一度鍼灸院できいてみてから施術をしたほうがいいかもしれませんね。

鍼灸師の資格と同時にとるとよいもの

将来の仕事のことを考えると鍼灸師と一緒に撮ったほうがいい資格にあん摩マッサージ指圧師というものがあります。なぜあん摩マッサージ指圧師を一緒に取ったほうがほうがいいかというと、鍼灸師だけでは将来開業した場合などに一定の集客を得ることが難しいからです。なぜ集客をえることが難しいかというと、あなたの周りに鍼治療をしているというひとはどういった年代のひとでしょうか?特に親やおじいちゃんおばあちゃん世代の人が圧倒的に多いのではないでしょうか。ということは固定の世代しか鍼灸を利用してくれないということになります。

そして鍼治療には鍼という経費が掛かりますがあん摩マッサージ指圧師は手一本ですることができますし、そして何よりマッサージをりようするのは若い人も多いということです。鍼治療と並行してマッサージを行うことができれば、鍼のイメージがあまりよくなかったりする若い世代も自分の院に足を運んでくれることでしょう。その時にマッサージをしながらでもいいですし鍼の良さを教えたり、体験施術をしてもらったりすることで、鍼の治療でも集客できるようになるのではないでしょうか。やはり一つだけえはなかなかうまくいかない時代です。鍼と合わせて効果が得られるものを考えていく必要がありますね。

鍼灸師の仕事

鍼灸師を仕事にしてみようと考えている人はいるようですが、なかなか将来は厳しいものになっているようです。大抵の鍼灸院が先生一人と事務の人ひとりで経営していることが多いですよね。ということは鍼灸師の資格をたとえとれたとしても、なかなか勤務する先がなかったりするようです。資格をとってすぐはやはりすぐに開業というわけにもいかないですし、どこかで雇われて鍼灸師をと考えている場合には少し難しいようですね。たとえ働く先がみつかったとしても給料がとても安く、なかなか働き続けるのも難しい場合があるようです。

ですので鍼灸師になる場合はある程度将来の方向性を決めたうえで、学校に通っているうちから就職先を考えて動いておかないと後で合格したけれども鍼灸院で働きながらアルバイトをしないと生計がたてられなくなってしまう場合もあるようですね。また開業してもなかなか集客や、保険診療もありますのでそういった手続きが難しく、続けていける人というのは合格した人の本の一握りのようです。資格をとって、下積みをし、開業し、成功させるためにはとてもすさまじい努力が必要になってくるようです。何事も簡単な仕事はありませんのでやろうと決めた人はぜひ目指して頑張っていただきたいですね。

エステと鍼のコラボ

最近ではエステと鍼がコラボレーションしているコースもできているようです。たとえばまず鍼で臓器の調子を整え、そのたとにお灸でからだを温める。そしてリンパマッサージなどのエステコースとなり、セルライト除去などを行っていくコースなどもあるようです。確かに今までにはなかったかゆいところに手が届くコースなような気がします。

鍼灸院ってどうしてもおじいちゃんおばあちゃんのイメージがつよいですよね。鍼をするだけでも臓器の調子が整ったり、体の血流がよくなったりして効果はあるのだとは思いますが、それだけではなかなか通おうという気持ちにもなりにくいですよね。お灸もなかなかそれ単体では通いにくいというのが若い女性の意見でしょう。しかしエステの一部ということであれば、いままで鍼灸が遠い存在だった若い女性も鍼灸にふれやすくなりますよね。

鍼灸で体の調子を整えた後に、エステを施すことで、施術後の効果もさらにアップすることでしょう。それがやはりポイントとなって、ほかのエステとは差別化がはかれているんだなとおもいました。一度で効果が得られるものにみんな行きたがりますよね。鍼灸だけだとすぐには効果が出ないですがエステを加えることで効果を感じてもらいやすくなるんでしょうね。

鍼の効果

鍼は怪我の回復させる力を補助する役割としてつかわれることもあります。特にアスリートは怪我をしたあとなどに鍼に通う場合が多いようです。これは鍼をさしたから回復するというわけではありません。しかし鍼を刺すことによって、血行をよくしたり、体の中の気の巡りをよくしたりすることで、体の中をよいバランスに整えます。そのことによって、怪我の回復が通常よりも早くなったりするのに役立っているようです。ただし一回では劇的に回復するようなことはなく、整体やカイロプラティックと同じで、定期的に行うことにより効果をはっするといえるでしょう。

しかしまだまだ鍼といえば痛いのではないかと勘違いをしている人も多く、怪我などの治療のサポートとして使っているのはアスリートなど、怪我が大きく仕事に影響してしまう人が多いようですね。ただし、鍼を使うことによって痛みがとれてくると無理をして完治していないのに競技に復帰しようとしてしまうアスリートもいるようです。復帰できるくらいに痛みがなくなるのがそれだけ鍼などは早いということでしょうね。ただし完治してないのに復帰するほど危険なことはありませんしきちんと完治してから復帰してもらいたいものですね。

鍼灸で医療費控除

治療が目的で鍼灸に通っている場合は医療費控除がうけられることが多いようです。ただし、治療目的かどうかの判断は最終的には税務署が行うので、すべてができるとは限りません。心配な人は税務署に確認してみるのが一番です。返ってきたらラッキーくらいの気持ちでダメもとで提出してみる人もいるようですね。

医療費控除を受ける場合には必ず領収書が必要になります。また、鍼灸院まで故郷交通機関を使っている場合はそれも請求ができますので、ノートか何かにメモをしておくといいかもしれませんね。他に病院に通っている場合は、病院ごとに領収書をまとめておくくせをつけましょう。1月~12月の病院での治療費、鍼灸院で治療目的に支払ったお金、治療が目的で薬局で購入した薬などが対象になります。それらの合計額が10万円以上になる場合、または年収が200万円以下のひとは所得の5%を超えた場合に医療費の控除が受けられます。

税務署にいって申告したりしないといけないので面倒と思う人もいるかもしれませんが、税金が少し帰ってきますので申請することをおすすめします。普段からエクセルなどで治療費をつけるようにしておけば簡単に申請できますよ。申告を詳しく説明した本も参考にしてみるといいかもしれませんね。

今症状が出ていない人も

肩こりや腰痛など今、症状が出ていない人は、カイロプラティックにいっていない人も多いのではないでしょうか。実はカイロプラティックはアメリカなどでは予防医学とされており、症状がでていなくても定期的な体のメンテナンスとして利用されていることが多いのです。日本の場合は予防医学というのがあまりメジャーではありませんので、肩こりがひどくて耐えられなくなってから、腰を痛めてから通おうと考える人がまだまだ多いです。

痛みがでていないと人は健康というものがどういったものか気づいていない人も多いです。メンテナンスをしようという意識の薄い人はとくに何もしていない人が多いでしょう。しかし、健康な状態の時にメンテナンスをしておくことが健康で元気な体作りには一番大事であるといえます。健康な状態でさらにメンテナンスをしておくことで、常に元気な体を維持することができます。そうすれば、不健康な状態から健康な状態に持っていこうとしている人よりは若々しく活動することができるわけですよね。

そういったメンテナンスの一つにカイロプラティックはお勧めです。正しく骨が動くようにすることできちんと筋肉も動き、若々しく活動することができるでしょう。

骨と筋肉の関係

骨を想像してくださいといわれると、理科室に会った骨の模型を想像する人も多いのではないでしょうか?あの模型をみていると骨は骨だけでああいう配置を維持しているように思ってしまいますが、実は骨を支えているのはたくさんの筋肉などです。理科室に合った模型はよくよくみてみるとワイヤーなどでつながれていますよね。

ということは骨が正しい位置にないというのは、一つは悪い姿勢になっているというのもありますし、なかなか整体やカイロプラクティックにいっても治りにくい場合は、筋肉がその状態で固定しているという場合もあります。筋肉というのは大事なんですよね。整体やカイロプラクティックにいって骨が常に正しい位置で動くようになってきたら、きちんと正しい場所に筋肉をつけてあげることで、常に姿勢がキープできるようになってきます。

筋肉も正しい位置につけることが重要ですので正しい姿勢で筋肉をつけることが大切です。ですので自分の判断だけでやるのではなく、専門家に聞きながら筋肉トレーニングをするほうが、今後腰痛や肩こりの予防につながるといえるでしょう。きちんと筋肉をつけて、痛みを予防することができれば時々のメンテナンスだけでよくなることでしょう。

O脚について

足の隙間があいていると鏡を見たときなどにやっぱり気になりますよね。意外とO脚を気にしている人っていうのは多いようです。O脚には足首や骨盤などが影響している場合が多いようです。ただO脚というのはひざから上の骨と下の骨の角度がある一定より少ない数字の場合にO脚と定義されているようです。そしてその状態になっている人は意外とすくないそうですよ。

同じように足の隙間が開いている場合でも、原因が骨盤が前に倒れているだけという人もいるようです。同じようにあしの隙間があいていて気になる場合でも原因が違うということがあるわけです。ですので、自分はO脚だからということを気にして、O脚が治る!みたいな本を読むよりは、一度カイロプラクティックで姿勢などをみてもらうことで、自分のO脚である本当の原因がわかり、早く目指している足に近づくことが可能です。

やはりどのような分野でも専門家に聞くのが一番です。そのままにしておくとだんだんその状態で固定されてしまうので、カイロプラクティックに通っても、改善するのが遅くなってしまう場合があります。風邪などと一緒で、ちょっと違和感を感じた時に手を打つだけでひどくならなかったりしますよね。ぜひO脚気になる人はカイロプラクティックにいってみてはいかがでしょうか。