カイロプラティック施術後の注意

カイロプラティックの施術を受けるにあたって、施術後の注意点があります。通常施術するカイロプラクターから説明があるとおもいますので、逆に説明せずに施術するようなカイロプラクターであれば注意したほうが良いと思われます。

カイロプラティック施術後は通常血流がよくなります。そのためお酒を飲むと、いつもより早く酔いが回ることがあります。同じ量のんでいても泥酔してしまうことがあるので、できる限り飲まないようにしましょう。万が一飲む場合はいつもよりペースをおとして、体調がおかしくなるようでしたらすぐに飲むのをやめましょう。また同様の理由でお風呂も湯船につからないようにと言われます。こちらも血流がよくなっている状態で体を温めることによって、のぼせてしまったり、悪影響が出る場合があるからです。できるだけシャワーですませるようにしましょう。

また、せっかく骨の位置を治しても、すぐに歪ませるような態勢をとってしまうとすぐ悪化してしまいます。たとえば頬杖をつく、足を組むなどすぐには癖はなおらないかもしれませんが、足を組んでいることに気づいたら直すなどし、正しい姿勢でいることが重要です。寝る体制も仰向けに寝ることが必要です。こちらは施術を重ねることで症状がよくなると自然に足を組まなくなったり仰向けに寝ることができるようになりますので少しの間気を付けるとよいでしょう。

カイロプラティックの効果

カイロプラティックは脊椎などに施術をし、骨のゆがみやコリを取ることで、体の自然治癒力を高めるものです。ですので効果としてはさまざまです。

一番カイロプラティックを受けようと思っている人が気になっている肩こり、などは筋肉の緊張・痛みが軽減して体が軽くなる効果が見られます。また骨の歪みをとり、正しい姿勢に治しますので姿勢がよくなりますし、体のバランスが良くなることで正しく筋肉が使われむくみが改善したりなどの効果もあります。

また、ゆがんだ骨は体の中にたくさんある神経を圧迫していることもあり、その圧迫が取り除かれることから、自律神経の働きが正常になり、ストレスにうまく対応できるようになることもあります。また姿勢が整うことでよく眠れ、朝の目覚めがよくなる人もいます。

ただし、骨の歪みは一度とってもすぐにいつもの状態に戻ろうとしてしまいます。ですので初めのうちは定期的に施術をうけ、戻る前に正しい位置に戻すをくりかえすことで、体が正しい位置を覚えることで、上記のようなさまざまな効果がでてきます。施術の間隔も1週間に一回から、2週間に一回、とすこしずつ感覚が伸びていき、よくなると1年に1回程度の施術で正しい姿勢になることができます。

 

カイロプラクターになるには

日本ではカイロプラクターは公的な資格ではありません。専門学校などに通って、施術方法などを学び、資格を取得します。あくまでも民間の資格ですので、定められたカリキュラムなどはなく、学校によっては2か月程度で卒業!なんていうところも存在するようです。そのような短期間で卒業しても卒業後の就職先が見つからなかったり、施術中に事故を起こしてしまったり、将来的にみるとよくありません。

まずは実践的なカリキュラムがきちんと組まれている学校選びが必要です。国家資格のあるはり師・きゅう師・マッサージ師で3年かかりますので、やはり数年単位での学習が必要と思われます。基礎的な医学の勉強、そして技術を向上させるためにはやはり実践的な授業が重要です。カイロプラティックは体に触れて、脊椎などにも施術をします。そのため、やはり熟練者による指導のもと実践により経験値をあげていく必要があります。

きちんとしたカリキュラムの学校で学び、資格を取得したのち就職や開業の道が開かれます。しかし、就職や開業してからも、やはり勉強することは必要です。どの業種も同じかもしれませんが、日々自分の技術の向上や、知識を深めることが必要となっています。

整体とカイロプラティックの違い

最近は整体、カイロプラティックと、体の疲れや痛みを解消する目的としたお店がたくさんありますね。クーポン雑誌にはたくさんの店舗のお得なクーポンがありますし、街を歩けばチラシもたくさんもらいます。

では実際どう違うのでしょうか。どちらも日本においては無認可療手技療法という点は同じです。そして筋肉をほぐすマッサージとは違い、どちらも体のバランスを整えるということを目的としています。

違う点は一般的に整体は、症状のある箇所に関係するところに刺激を与えるという施術方法です。つぼ、経絡に刺激をあたえることで、筋肉の硬直やハリ、凝りを改善して、最終的に体のバランスをとっていきます。

カイロプラクティックは骨の歪みによる神経系への負担を施術によって軽減し、神経の働きを正常に戻すことで、体の自然回復力を向上させるます。ですので施術は症状のある箇所を直接刺激するとは限りません。また整体では骨に対する施術を行わないことがおおいですが、カイロプラクティックは骨の歪みを治すことが目的ですので脊椎への施術が行われることもあります。

どちらもマッサージとは違い、一時的に治すものではなく、時間をかけて治すものですので定期的に施術を受けることが必要です。

カイロプラクティックへ行く前に

カイロプラクティックって最近よく見かけますね。でも整体となにが違うのだろう?と疑問に思いますよね。

カイロプラクティックとは、疾病の原因が骨のゆがみにあると考え、その歪みを取り除くことで治療するものです。ギリシャ語で手と技術という言葉からつくられたカイロプラクティックの言葉のとおり手のみで施術を行います。

施術で脊椎などの骨に直接力を加えるので、きちんとした技術がないと治療どころか神経を痛めてしまう危険性があります。そのためアメリカなどの国では資格があり、大学で勉強して学位を取得し、各州のカイロプラクティック資格試験に合格しなければならないとされています。実は日本では公的資格はなく、民間療法とされています。そのため数週間の研修だけでカイロプラクティックとして開業することができてしまいます。

ですのでカイロプラクティックに通おうと考えられている場合は、安いから!などの理由で選ばず、事前に施術する人の資格の有無を確認してみるとよいと思われます。きちんとしたところですと、アメリカなどの国で資格をとった人が施術をしていますので、HPなどでその点をアピールされていることが多いです。

今カイロプラクティックに通っていて効果がでないなという方は、一度施術をしている人の資格の有無を確認してみて、別のところに変えてみてもいいかもしれませんね。