鍼灸とは

鍼灸はなんとなくハードルが高かったり、お年寄りが行うものという認識がありますよね。そもそも鍼灸ってどんなものなんでしょうか?

鍼治療は、人間の皮膚感覚の中でも痛みに関する感覚を、治療に利用します。血行を促進したり、体の中のエネルギーの流れである「気」のバランスを整えます。鍼を皮膚に接触させたり、刺すことによって鈍っている神経機能を興奮させ、また逆に興奮している機能を抑えることによって、体の不調を治療していきます。

灸治療は基本的には「温灸」といって直接皮膚にもぐさを乗せずに、間接的に熱を伝えます。温度感覚を利用し、灸の熱刺激で皮膚組織を焼くことによって死んだ組織のごく小さな部分が分解して皮膚から血管に吸収され、これが刺激となって血行を良くすることで血液内にさまざまな免疫物質をつくります。同時にこの温熱刺激で、体内の機能を改善していきます。

鍼治療では一回で症状が良くなる人もたくさんいます。しかし、基本的には劇的に症状を和らげるような治療はしません。体にムリなく、徐々に効果を出すように治療されます。灸も比較的ゆっくりと慢性的な症状を改善させ継続していくものです。

整体やカイロプラクティックと同じで、鍼灸も長期的な施術が必要といえます。

整体とカイロプラティックの違い

最近は整体、カイロプラティックと、体の疲れや痛みを解消する目的としたお店がたくさんありますね。クーポン雑誌にはたくさんの店舗のお得なクーポンがありますし、街を歩けばチラシもたくさんもらいます。

では実際どう違うのでしょうか。どちらも日本においては無認可療手技療法という点は同じです。そして筋肉をほぐすマッサージとは違い、どちらも体のバランスを整えるということを目的としています。

違う点は一般的に整体は、症状のある箇所に関係するところに刺激を与えるという施術方法です。つぼ、経絡に刺激をあたえることで、筋肉の硬直やハリ、凝りを改善して、最終的に体のバランスをとっていきます。

カイロプラクティックは骨の歪みによる神経系への負担を施術によって軽減し、神経の働きを正常に戻すことで、体の自然回復力を向上させるます。ですので施術は症状のある箇所を直接刺激するとは限りません。また整体では骨に対する施術を行わないことがおおいですが、カイロプラクティックは骨の歪みを治すことが目的ですので脊椎への施術が行われることもあります。

どちらもマッサージとは違い、一時的に治すものではなく、時間をかけて治すものですので定期的に施術を受けることが必要です。

カイロプラクティックへ行く前に

カイロプラクティックって最近よく見かけますね。でも整体となにが違うのだろう?と疑問に思いますよね。

カイロプラクティックとは、疾病の原因が骨のゆがみにあると考え、その歪みを取り除くことで治療するものです。ギリシャ語で手と技術という言葉からつくられたカイロプラクティックの言葉のとおり手のみで施術を行います。

施術で脊椎などの骨に直接力を加えるので、きちんとした技術がないと治療どころか神経を痛めてしまう危険性があります。そのためアメリカなどの国では資格があり、大学で勉強して学位を取得し、各州のカイロプラクティック資格試験に合格しなければならないとされています。実は日本では公的資格はなく、民間療法とされています。そのため数週間の研修だけでカイロプラクティックとして開業することができてしまいます。

ですのでカイロプラクティックに通おうと考えられている場合は、安いから!などの理由で選ばず、事前に施術する人の資格の有無を確認してみるとよいと思われます。きちんとしたところですと、アメリカなどの国で資格をとった人が施術をしていますので、HPなどでその点をアピールされていることが多いです。

今カイロプラクティックに通っていて効果がでないなという方は、一度施術をしている人の資格の有無を確認してみて、別のところに変えてみてもいいかもしれませんね。