鍼灸で医療費控除

治療が目的で鍼灸に通っている場合は医療費控除がうけられることが多いようです。ただし、治療目的かどうかの判断は最終的には税務署が行うので、すべてができるとは限りません。心配な人は税務署に確認してみるのが一番です。返ってきたらラッキーくらいの気持ちでダメもとで提出してみる人もいるようですね。

医療費控除を受ける場合には必ず領収書が必要になります。また、鍼灸院まで故郷交通機関を使っている場合はそれも請求ができますので、ノートか何かにメモをしておくといいかもしれませんね。他に病院に通っている場合は、病院ごとに領収書をまとめておくくせをつけましょう。1月~12月の病院での治療費、鍼灸院で治療目的に支払ったお金、治療が目的で薬局で購入した薬などが対象になります。それらの合計額が10万円以上になる場合、または年収が200万円以下のひとは所得の5%を超えた場合に医療費の控除が受けられます。

税務署にいって申告したりしないといけないので面倒と思う人もいるかもしれませんが、税金が少し帰ってきますので申請することをおすすめします。普段からエクセルなどで治療費をつけるようにしておけば簡単に申請できますよ。申告を詳しく説明した本も参考にしてみるといいかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。