鍼の効果

鍼は怪我の回復させる力を補助する役割としてつかわれることもあります。特にアスリートは怪我をしたあとなどに鍼に通う場合が多いようです。これは鍼をさしたから回復するというわけではありません。しかし鍼を刺すことによって、血行をよくしたり、体の中の気の巡りをよくしたりすることで、体の中をよいバランスに整えます。そのことによって、怪我の回復が通常よりも早くなったりするのに役立っているようです。ただし一回では劇的に回復するようなことはなく、整体やカイロプラティックと同じで、定期的に行うことにより効果をはっするといえるでしょう。

しかしまだまだ鍼といえば痛いのではないかと勘違いをしている人も多く、怪我などの治療のサポートとして使っているのはアスリートなど、怪我が大きく仕事に影響してしまう人が多いようですね。ただし、鍼を使うことによって痛みがとれてくると無理をして完治していないのに競技に復帰しようとしてしまうアスリートもいるようです。復帰できるくらいに痛みがなくなるのがそれだけ鍼などは早いということでしょうね。ただし完治してないのに復帰するほど危険なことはありませんしきちんと完治してから復帰してもらいたいものですね。

コメントは受け付けていません。