好転反応

整体、カイロプラティック、鍼灸を施術する前に施術者から注意してほしいこととして案内されるのは好転反応です。好転反応はどういったものかというと、施術をうけたあとになんらかの不快な症状が現れることです。たとえばのぼせたような感じになったり、眠くなってしまったり、筋肉痛のような痛みがでてきたりと人によってさまざまですが、症状が出る場合があります。また、まったく症状が出ない人もいます。

なぜ好転反応が起こるのかというと、体内の老廃物を出すときに、体内を老廃物がめぐることからそういった反応がおこるといわれています。ですのでもともと老廃物がたまっていたひとはそれを押し出すために体の中を巡っているときに不快な症状があらわれ、それが完全に外に出てしまうと体が楽になったと感じられるようになるわけですね。筋肉痛のようではない痛みが出てきた場合、その痛みがあまりにもひどい時などはきちんと相談するようにしましょうね。少し体がだるいなーという程度であれば好転反応である可能性が高いということです。

体がだるくなったりすると整体は聞いていないのではないか?と心配になるかもしれませんが、そのあとにきちんと楽になれることですので、そこでやめてしまわないようにしたいですね。

コメントは受け付けていません。