骨の歪み

カイロや整体にいって、ゆがんでますねって言われるのって結局何がゆがんでるの?と不思議な人も多いのではないでしょうか。きちんとしたところでは骨の模型などもつかって教えてくれるところも多いので行くならそういうところをおすすめします。

骨の正しい形は、横から見たときにS時になっていること、後ろから見たときはまっすぐになっていることです。この正しい形のことを「整理弯曲(せいりわんきょく)」といいます。そしてこの骨は一般的に、仕事や家事など日常作業の癖などで歪んでくことがあります。自覚症状がない人でも歪んでいる場合があるということです。

そして自覚症状がない人のほうが、整体やカイロに行く機会もなく、高齢になってきて突然痛みがでてきたときには手遅れということもあります。骨は歪んでいる状態であれば、カイロプラティックなどにより矯正することがかのうですが、骨と骨の間が狭くなってしまったり、変形をしてしまっていると矯正することができなくなってしまいます。

特に痛みなどの自覚症状がなくても、足を組む癖がある、頬杖をついてしまう、猫背だと人からいわれる場合は、カイロプラティックで見てもらうほうがいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>