好転反応

整体やカイロプラクティックではマッサージなどと違って、揉み返しという症状が出ない代わりに、好転反応という症状があります。症状が回復に向かう過程でおこる身体の反応です。またこれ以外にも普段凝り固まってあまり使われていない筋肉に刺激を加え筋肉をゆるめると、回復の過程で筋肉痛のような症状が出る人もいるようです。

特に慢性的に症状がでているひとや、痛みなどがひどい人は体の中に老廃物が貯まっている状態であるため、施術をすることで刺激をあたえ、老廃物を外に出そうとすると、回復の過程で身体に好転反応が出る場合が多いようです。

好転反応には個人差がありますが大きく3つの反応があります。身体が緩み老廃物が流れ出すことによって、だるくなったり眠くなったりする症状を弛緩反応期といいます。寒気を感じる人もいるのでそういう人は身体を冷やさないよう注意が必要です。

そして体のバランスに変化が起きると過敏反応期が起こる場合があるます。便秘や下痢、痛み腫れなどの症状がでたり熱が出ることもあります。そして身体の深いところまでゆるむと、不必要なものを排泄するようになる排泄反応期に入ります。吹き出物ができてしまったり、皮膚のへんかや 汗の変化などがおこります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>