予防医学としてのカイロプラティック

日本以外の国でカイロプラティックは予防医学として認められている国があります。予防医学とは体に不調が起きる前にメンテナンスをするというものです。アメリカなどの国ではカイロプラクターは国家資格として認められています。医療費の高いアメリカではカイロプラティックなどで日頃から体のメンテナンスをすることで、未然に病気を防ぐ、病気になりにくい体作りをするということが定着しています。

日本はカイロプラクターは国家資格ではありません。その為資格のないカイロプラクターが危険な処置や事故を起こしたりすることで、イメージも悪くなってしまっています。しかし、これだけたくさんの病気で病院に通う人が増え、公的保険制度がくるしくなっている今だからこそ、未然に健康な体作りをする予防医学としてのカイロプラティックが必要とされるのではないのでしょうか。

カイロプラティックを公的資格として認め、きちんとした法制度のもとで資格をもったカイロプラクターだけが施術ができる環境をつくる必要があると思います。今のままではどうしても対処療法ばかりになってしまい、治療にも時間がかかってしまいます。予防医学にも目をむけ、体のメンテナンスをすることが日本でも広まるとよいですね。

コメントは受け付けていません。